美容&脱毛

美容皮膚科で乳首や乳輪の色をピンクにする

明るい

女性に多い身体の悩みの一つが、乳首や乳輪の色に関するものです。きれいなピンク色ではなく、色素沈着で茶色くくすんだ色になっている人の方が多いのではないでしょうか。色素沈着が進む理由は、妊娠や出産中に女性ホルモンの分泌が増えたことや、ターン―オーバーで古い角質が留まっていることなど、その人によって異なります。乳首を美白する方法ですが、美容皮膚科で治す方法や市販のクリームを購入してケアしていく方法などがあります。
美容皮膚科で治す場合、メラニン色素を破壊するレーザーを当てる方法や、医療用の美白クリームを塗る方法などがあります。クリームは市販されているものよりは成分が強めなので、肌への影響などを考えながら使っていきましょう。レーザーで治す場合は、QスイッチYAGレーザーとピコレーザーのどちらかが使われることが多いようです。
少しでも早く治したいなら、より高性能のピコレーザーがおすすめです。数回ピコレーザーを当てていくうちに、段階的に乳首と乳輪の色がピンク色に近づいていきます。市販の乳首専用に開発された美白クリームは、医薬部外品の認定を受けている商品を選ぶのがコツです。皮膚の中でも刺激に耐性のない乳首用なので、全身の美白に使えます。

最新情報

美しい女性

脱毛方法の種類について

脱毛は、光脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛、脱毛クリーム、家庭用の脱毛機器を使う方法など、方法だけでもこれだけあります。まず、光脱毛とは、脱毛サロンで行う施術方法で、光に色素が反応して脱毛を行うやり方です。色素に反応して行うので、皮膚と毛の色に差があまりないと効果があまり出ないのですが、脱毛する際の痛みが軽減できる点が良いです。レーザー…

もっと読む

明るい

美容皮膚科で乳首や乳輪の色をピンクにする

女性に多い身体の悩みの一つが、乳首や乳輪の色に関するものです。きれいなピンク色ではなく、色素沈着で茶色くくすんだ色になっている人の方が多いのではないでしょうか。色素沈着が進む理由は、妊娠や出産中に女性ホルモンの分泌が増えたことや、ターン―オーバーで古い角質が留まっていることなど、その人によって異なります。乳首を美白する方法ですが、美容皮膚科で治す方法や…

もっと読む

新着ニュース

2017年05月02日
エステで脱毛するときに気を付けることを更新しました。
2017年05月02日
美容エステで顔を無駄なくお手入れを更新しました。
2017年05月02日
美容皮膚科で乳首や乳輪の色をピンクにするを更新しました。
2017年05月02日
脱毛方法の種類についてを更新しました。